読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雲間の青

BL好き&ゲーム好きの趣味ブログ。閲覧は18歳以上の方推奨です。

メビウスライン帝都備忘録 フルコンプ

BLゲーム

もう結構前の話になりますが、メインディスクのストーリーをフルコンプしました。

ミニゲームはまだ手付かずです。ずっとやらない気がする・・・。

 

シーガルから届いたゲームソフトと店舗特典の他に、開けてびっくり!

なんと記載にない帝國祝詞大全ジャケ絵の入浴剤まで入っていました。

聞いてないよ!?(笑)

 

では、ネタバレありの感想です。

時間が経ちすぎたこともあり、ミサキルートと軽い総評のみ。

 

 

メニュー画面は本編と同じように時間帯によって出てくるキャラが違うみたい。

朝昼のボイスは聴けていませんが、

攻略キャラ→京一郎、攻略キャラ→攻略キャラ、独り言(?)、の台詞が主の様子。

基本的にこちら側に語りかけるものがなくてよかったです。

そういうのは乙女でやるべきですし。細かいかもしれないけどBLにとっては大事なこと。

 

特筆すべきはミサキルート(と、ある意味で伊勢兄弟ルート)だと思います。

甘ラブFDということで、きっとミサキはめでたく元のサイズに戻って、

これからも仲良くやっていくんだろうとずっと思っていたので、この展開には「衝撃」の一言でした。

 

そもそもミサキがミニサイズになってしまったのは、

本編のラストで大量の魂を魂送りして、本来の領分を越えた行いをしたからで、

分霊たちの力も弱まり、本来の力があれば赤子の手をひねるくらい簡単な死霊退治すら難しく、

力を使おうとするたび分霊から霊力をかき集めてる状態(そして分霊たちはさらに衰弱)

それでも、京一郎が大きいミサキに会いたいと心で望むたびに、力を使い夢の中で実現してくれる。

神であるミサキが弱いままであれば、世のバランスも不安定になる。

力を戻すには時が満ちるまで待つか、

京一郎を生かすために送り込んだ息吹をミサキに戻すしかない。

 

・・・という理解で合ってます・・・よね?(もはや記憶失くしかけ)

ここで選択肢。

息吹を返す(=京一郎が死ぬ)か、いつ戻るか分からない力を取り戻すまでじっと待つか。

 

「神様を個人が所有するべきではない」

「自分が死んだ後も、柊家に産まれる別の誰かを愛し子として守り続けるのだろう」

という思いを京一郎が抱いた時は無性に悲しかったです。

ミサキは京一郎のものだし、京一郎はミサキのものなのに・・・。

 

グランドエンド。

やっぱり人ひとりの人生じゃ、ミサキが力を戻すには時間が足りなかったみたいです。

たしかに京一郎は宣言通り長生きしたし、ずっとミサキや家族と一緒で幸せだったんだろうけど、

今生では得られないと諦めたこと、我慢したことがたくさんあったわけですよね。

京一郎の人としての生涯と、取り残されたミサキを見てると・・・へこむわー(涙)

80歳以上まで長生きしたそうです。もちろん独身。

カプの片割れの一生を描写されるのって結構切ないもんなんですね。

人の生と神の生は違うからなおさら。

 

現代に転生した京一郎は再びミサキと出会ってて、楽しそうな後姿と少しの会話で終わる。

ラストはハッピーエンドだけど、前述のアレのせいでどうしようもない気持ちが勝った終わり頃。

転生した京一郎ではなく、あの時代での幸せそうなミサ京が見たかったなぁ。

そういう意味では複雑な気持ちです。良かったけど良くない、みたいな。

悲しいやら切ないやら安心やら感動やらで、こっちまで魂抜けてしまいました。

 

早々にまとめに入ると、ストーリーモードのカプのラブラブさやエロは満足です!

音楽も挿入歌含めて素晴らしかった。BLでこういうの聴けるなんて感動です。

 

そういうわけで、おおむね楽しかったんですが、不満点が3つほど。

 

ミニゲームに昴后いらない

いくらオマケゲームとはいえ、女キャラは必要ないし、専用モードもいらない。

せめて顔見せだけのサブキャラ扱いであってほしかった。

 

・そもそもミニゲームって必要?

見も蓋もない言い方だけど、ミニゲーム自体が余計な付属品だと感じました。

ノベルゲーと同梱されたものなんだから、ミニゲームに興味ない人も多いはずだし。

後述する伊勢兄弟ルートの件もあり、ミニゲームに開発費や時間を割くくらいなら、

メインストーリーのボリュームを増やしてほしかったと思います。

 

・伊勢兄弟ルート、中途半端すぎない?

馨×京一郎、薫×京一郎、兄弟×京一郎の計3種類エンディングがあるんですが、

どの話も唐突エロだし内容が無いしシナリオも超短いし、兄ルート以外は両想いにすらなってない

よ!?

お手軽ルートでもいいから、せめて両想いくらいはなってほしかったんだけど・・・。

シナリオの短さは伊勢兄弟編に限らず、どのルートもあっという間に終わります。

量・質ともに紅天FDのような充実感を期待してたから、かなり肩透かしの結果でした。

 

そういえば、千家ルートは思ったとおり姪の話にはノータッチ。

それどころか「妻帯していない」という言葉が飛び出してきました。

あの特典SSの件は無かったことにされてるのか、それとも妻を迎える前の話なのかは不明。

ホッとしたような、FDで夫婦関係に上手いこと落としどころを作ってほしかったような・・・。

それと、昴后は覗き見趣味まであるんですね。ほんとキモい女だな(ブチギレ)

 

FDアンケートに答えたら、せんべす簡単攻略ヒントなるものが見られました。

とあるキーを押すと必殺技ゲージがどうにかなり、

これまたとあるキーを押すと焦げ煎餅がどうにかなるらしいです。

 

 

 

以下、懺悔の告白。

このブログに書くための文章をアンケートに転用していたせいで、

ミニゲームに関する項目で「余計な付属品」の部分もバカ正直に載せて送ってしまいました。

いや、たしかに本音ではあるし、建前ではアンケートの意味がないけれど、

開発陣に直接伝えるにあたってこの言い方はなかなかよろしくないですね・・・。

私はいらないものだと感じるけど、頑張って作ったものに対して表現が乱暴すぎた。

もっと違う言い回しをするべきだったと思います。

広告を非表示にする