読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雲間の青

BL好き&ゲーム好きの趣味ブログ。閲覧は18歳以上の方推奨です。

ライトニングリターンズ クリア

ゲーム

 

ライトニングリターンズのエンディングを無事迎えました。

シリーズ3部作完走ー!

ソフトを買うまでに時間かかりましたが、ライトニングたちの結末を見られてよかったです。

相変わらずFFのバトル演出やムービーは眼福ものですね。

総プレイ時間は30時間ちょっとくらい。

 

生と死、魂の向かう先、世界終末などスピリチュアルな要素が盛り込まれた作風で、

世界が終わる直前のため、世界観も初代やXIII-2に比べて暗めでしたね。

ファンタジーらしく大自然のフィールドもあり。

 

以下、ネタバレ感想をちょっとだけ。

 

 

ライトニングがかっこいいタイプのためか、ウェアも男装ものが多く、

個人的には女性らしいふわっとした衣装が好きなのでクレセントムーン愛用してました。

 

エンディングまでの流れはやっぱりコテコテ少年漫画!

は、恥ずかしい・・・。初代XIIIもとても熱かったけど、またまた恥ずかしい・・・。

 

ラストはライトニングが自分の身と引き換えに世界を救済するという自己犠牲展開になるのかと思ってたんですが、

なんとか乗り越えてハッピーエンドでした。よかった~。

 

今までいた星は崩壊し、人類は肉体を離れて魂だけの存在になり、新しい星に移住し転生する。

その時の、エンディングの最後の台詞は「君が生まれる前の物語」・・・。

新しい星は地球だよね?

ならこの台詞はプレイヤーに言ってるっぽい?

ということは、私達が今生きてる時代より大昔の話でしたーってオチ?

 

スタッフロール後の隠しムービーは1週目で見られました。

後で調べてみると、どうやら第14日目の開放が条件だとか。

ライトニング強化するためにサブクエこなしまくっててよかった!

 

いたって普通の田舎風景に、いたって普通なライトニングの服装に、いたって普通な車や列車。

本当に現代(もしくはそれに近い年代)みたいですね。

ならモンスターや魔法はもうないだろうし、きっと日本も存在してるw

「新しい旅」や「会いに行く」という台詞がなにを指しているのか分からないけど、

転生した仲間に再び会いに行くという解釈が一番好きだなぁ。

 

ゲーム内では荒んだ景色ばかり見てきたので、

こういう平和な光景を見ると「ああ、終わったんだな・・・」としみじみ。

ライトニングリターンズはなんだか不思議な気分になるゲームだったと思います。

広告を非表示にする