読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雲間の青

BL好き&ゲーム好きの趣味ブログ。閲覧は18歳以上の方推奨です。

何故そんなふうに言うの?

BL全般

BL作品のレビュー時、

賞賛する時の言い回しについて。

(※愚痴注意!2)

  

 

「BLの枠を超えた」

「BLとは思えない」

「BLでは留まらない」

「BL要素は無くていい」

「BLという分野でくくってしまうのはもったいない」etc.

 

私の大ッ嫌いな表現!

 

なんで褒める時にそういうこと言うのかなぁ?

しかも「BLよりももっと壮大だ」?

「深すぎる作品はBLにいちゃもったいない」?

・・・それってBLジャンル全体を馬鹿にしてますよね?

 

へー、やっぱりこの表現を使う人はそうやって思ってるわけですかー。

でもこの作品、生憎BLとして出版されてるんですよね。

なら、BLというジャンルはこの人たちが思ってるほど小さくも浅くもないって証明になりませんか?

 

これらの表現をBLが嫌いな人が言うならまだしも(それも噴火するレベルだけど)、

これがBL好きの発言なんて・・・信じられない気持ちでいっぱいです。

BL大好きとか一生愛するとか言いながら、良い作品が出た途端に手のひら返して「中身が良すぎてBLではない」アピールってどういうこと?

好きなBL作品を見つけたら恋愛無しの一般向け要素をお望みって意味がわからないよ?

BLが好きなんじゃなかったの?

・・・なんのためにBL読んでるの?

 

この矛盾っぷりがダメです、私。

この手のレビューを見ちゃうと辟易して、言われた作品ごと敬遠してしまいます。

意味不明すぎて。

普段「BL萌え~!」って言ってる人たちが一転して真顔で「これはBLではない(キリッ」って言ってるのがおかしくて。

一体どういう心境なんだろうととても疑問。

 

根底に「BLは子供騙しな下等ジャンル」っていう固定観念が染み付いているんだろうけど、

さっき言ったように、格下ではないことを証明するものがちゃんとあるわけで、

なのにどうしてそれを認めないのかなぁ。

 

たとえば、「BLではなく文学だ」とか「BLよりも本格ホラー小説だ」とか言われるのも見るけど、

それは「文学のようなBL」「本格ホラーBL」であって、BLはBLなんですよ。

そもそも卑屈になって「BLジャンルは低レベル」という前提で使うからいけないと思うんです。

 

「BLにはもったいない」という否定が褒め言葉として扱われる実情が腹立たしい。

作品ひとつを褒めたいがために、ナチュラルに自分の好きなものを自分で汚す言い方をしてるのが。

 

その作品もBLも両方好きなら、BLというカテゴリを受け入れた上で作品を評価するのがまっとうなやり方であって、なぜひとつの作品を評価するのにBLを淘汰する必要があるの?

どっちかに偏った持ち上げ方をするなんて変ですよ。

作品を褒める時にBLであることを下に見るという、無駄な格差意識なんか作らなくて結構。

むしろ、こんな良い作品をBLだと認めないでどうするんだって感じ。

こんな卑怯な言い回しを使うことでしか作品の素晴らしさを表現できないほど語彙が乏しそうには見えない人たちばかりなのですがね・・・。

 

何度も言いますが、BL好きの自己矛盾さが本当に嫌いです。

こういう人を見るたびに「ああ、BLファンっていうのはあくまで“自称”なんだな」と思う。

私だったら、その作品がBLという土台で世に出たことを誇りに思うのになぁ。

その作品が男×男ものとして読めることに感謝するのに。

 

こんなようなのが原因で、神評価が多発してる作品は避けてしまっています。

地雷原みたいなレビュー群は回避して、あらすじだけで判断して買っちゃえば平気なんですけどね・・・。

広告を非表示にする