読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雲間の青

BL好き&ゲーム好きの趣味ブログ。閲覧は18歳以上の方推奨です。

憂いを隠せない

私の気のせいでしょうか。

BL小説が昨年末か今年に入ってから全体的に出版数減ってないですか・・・?

各レーベルの月の発売タイトルがちょっとずつ少なくなってる。

なんか変っていうか、こういう漠然とした不安が気持ち悪い。

漫画も月の発行数をアンソロジー、二次創作系抜きで数えてみたら、あきらかに少なくなってた。

読者側だし、BL業界の裏側は全然わからないけど、目に見えて出版数が減ってきたら不安にもなる。

こうやって徐々に徐々に衰退していくんじゃないかと。

書籍界隈はBLのメインであり、同時に最後の砦じゃないですか。

ゲームやCDは数年前からかなり下火なのに、書籍まで陥落したら相当危ないと思うんですよ・・・。

最近、本気で怖くなってきたんだよ・・・。

表現規制問題のせいか、出版業界自体が乏しくないからか、

はたまた乙女系が女性向け業界で大きく発展したためにBLが押されているのか。

(BLレーベルを抱える出版社の多くが乙女レーベルも立ち上げてるみたいだし。)

なんか認めたくないというか、受け入れられないというか、

BLというジャンルは無くならなくても、この世界がすごくすごく小さくなってしまうんじゃないか。

今後読める新作が全然なくて寂しい思いをすることになるんじゃないか。

ちょっとずつBL市場がジリ貧になってく感じが、本当に心配でしかたありません・・・。

切実に。

他のBLファンの方は変に感じないんでしょうか。

BL業界に危機感を抱いているのって私くらいなのかな?

この数ヶ月、BLの新刊情報見ると暗い気持ちになるくらいビビってます;;

広告を非表示にする